外張り断熱工法「くるみ~な」
外張り断熱工法「くるみ~な」

夏涼しく、冬暖かい断熱工法「くるみ~な」

気候の変化にかかわらず、一年中快適に過ごせる住まいをつくるためには、住まいの断熱性や気密性を高める必要があります。アーバンコキタでは、夏は涼しく冬は暖かい外張り断熱工法「くるみ~な」を採用しています。

くるみ~なとは?

くるみ~なは、柱や梁などといった住まいの骨組みの上から住まい全体を断熱材で覆う「外張り断熱工法」。季節の移り変わりによる気候の変化に関係なく、常に快適な室温を保てる高い断熱性と気密性を発揮します。

くるみ~な
くるみ~な
骨組みの外側からしっかりと断熱材に覆われているため室温が外に逃げにくく、空調の効果がムラなく快適に保たれます。
一般的な住まい
一般的な住まい
住まいの断熱性や気密性が低い場合、空調を稼働していても、外気の影響を受けて室温がどんどん外に逃げてしまいます。

外張り断熱の有効性

従来の断熱工法の場合、断熱材が充填されるのは骨組みの間です。そのため、適切に施工されていないと、隙間から外気温が伝わってしまいます。外張り断熱は、構造体の外側から断熱材で覆うため、外気温が内部に伝わることはほとんどありません。

くるみ~なはヒートショックにも有効です!

急に寒い環境に置かれることで手足の血管が収縮し、血圧が上昇しやすくなることを「ヒートショック」といいます。このヒートショックは、血圧が高い方や高齢者の方にとっては命にかかわることもある危険なこと。くるみ~なは、住まい全体の室温をムラなく一定に保つ効果があるため、ヒートショック対策としても有効です。

くるみ~なの特徴

くるみ~なと合わせてさらに効果的に!

アーバンコキタでは、くるみ~なと組み合わせることで、住まいをさらに快適にする施工を行っています。

くるみ~な(II地域仕様)
くるみ~な
外張り断熱工法「くるみ~な」に、従来の充填による断熱工法をプラスして2重の断熱にする工法です。気温の変化が厳しい環境でも、快適な住環境を実現できます。
部分断熱強化タイプ
一般的な住まい
くるみ~なの住まいのうち、LDKなどの断熱性能を部分的に強化することで、全体を強化するよりもコストを抑えつつ効果的な省エネを実現できる工法です。