構造計算
構造計算

住宅にこそ構造計算

近年、マンション設計などにおいて、その重要性がクローズアップされる構造計算。テクノストラクチャーは早くから、一棟一棟異なる間取を持つ一戸建て住宅にこそ、構造計算が必要と考えました。1995年の発売以来、オリジナルの構造計算システム=自動躯体設計システムを使い、すべての住宅において、構造計算を実施しています。

パナソニックによる邸別の構造設計

間取りや建設地域など、住まいがもつ条件は一棟一棟さまざまで、それぞれを考慮した最適な部材、最適なバランスを考えた構造設計が必要です。

従来の木造住宅は、この構造設計を経験やカンにより行うこともしばしばで、熟練した職人が不足している近年はそのノウハウも得難いものになってきています。

この問題点を改善すべく、テクノストラクチャーでは、一棟一棟異なる間取りや地域条件を加味した上で、自動的に構造体を設計でき、さらに設計された構造体が十分に強度確保できているかをチェックできるオリジナルの構造計算システム「自動躯体設計システム」を開発しました。

自動躯体設計→構造計算チェック→構造計算がNG→プラン修正→再チェック→構造計算がOK→構造設計完了~引き渡し

厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応した構造計算(災害シミュレーション)を実施

地震

地震に対する危険性は地域によって異なります。そこで法律では、過去の地震の記録から各地域の「地震地域係数」が設定されています。テクノストラクチャーでは、この「地震地域係数」を1.0以上として考慮した耐震設計を行っています。

地震
地震

地震時に、住宅には、その住宅の重さに比例した水平力(横からの力)が発生します。それに伴い、柱には引張力と圧縮力が発生します。

台風

台風の頻度、最大風速の大小といった過去の気象データをもとに、全国の市区町村ごとに「基準風速」が定められています。テクノストラクチャーでは、この「基準風速」と、風を受ける外壁の面積を考慮して耐風設計を行います。

台風
台風

台風などの強い風が吹き付けた場合、住宅には押す力と引っ張る力の二つの大きな力がかかります。

豪雪

積雪量の違いにより、「垂直最深積雪量」が地域ごとに定められています。テクノストラクチャーではこの「垂直最深積雪量」を考えた大雪設計を行います。特に、多雪地域の場合、雪が積もった状態で地震が発生した場合も想定して構造設計しています。

豪雪
豪雪

積雪時、住宅には上から押す力が加わります。