LCCMへの取組|大阪 守口市で注文住宅を建てるなら株式会社アーバンコキタ
LCCMへの取組

LCCMとは?

温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化や、東日本大震災より国内の電力供給への意識の高まりにより、エネルギーに対する問題が議論されています。2014年4月の政府のエネルギー基本計画住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す。とあり、標準的な新築住宅として推進しています。

LCCM(Life Cycle Carbon Minus)住宅とは、建設時・運用時・廃棄時において、できるだけ省CO2に取り組み、さらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2の排出量も含めライフサイクルを通じてのCO2の収支をマイナスにする住宅です。

建設時
材料製造エネルギー
輸送・建設に伴うエネルギー
運用時
冷暖房・給湯・照明に使用するエネルギー
改修時の部材交換に伴うエネルギー
廃棄時
解体・廃棄時に伴うエネルギー

LCCM住宅は、より一層の省エネルギーによってできるだけ運用時の増加を少なくし、さらに太陽光発電などの利用によって現状で排出しているCO2分を上回るエネルギーを創出して1年ごとの収支をマイナスとし、さらに建設時にかかるCO2排出量も少なくする努力をして、住宅の一生の間にマイナスにしようという考え方のものです。

LCCM住宅を実現するために

住宅を実現するための基本的な考え方は、以下の4つです。

  1. シェルターの高性能化と可変性を実現する

    住宅の断熱性を高め、かつ開口部などの可変性を確保して高い基本性能を確保

  2. エネルギー利用の効率化(冷房・暖房・給湯など)を実現する

    高効率の設備機器の採用などでエネルギー利用を効率化

  3. 住宅自身でエネルギーを生産する

    太陽光発電などのエネルギー生産

  4. 運用段階だけでなく建設段階も対象としてライフサイクルにわたるCO2排出を削減する

    建設時のCO2排出量もできるだけ少なくする